【京都庭旅】梅をめぐる春の旅

前回の京都庭旅から
一カ月も経っていませんが、
「梅を愛でに京都に行きましょう」と
素敵なお誘いを頂いたので、急遽、京都へ。

城南宮の梅林は、最盛期!
一気におとぎの国です。
http://www.jonangu.com/

梅と椿と苔。
にくい演出です。
素晴らしい色のハーモニー。
その昔、厳しい冬が長く続く京都では、
春を告げる梅の開花を
今か今かと心待ちにしたそうです。
なので、梅は庭の中で印象的に使われているのです。

続いて、京都市内を一気に南から北へ。
しょうざんリゾート京都の名庭に。
http://www.shozan.co.jp/sansaku/index.html

こちらも梅が印象的に使われているお庭でしたが、
何がすごいって、ここはもう、ダイスギです!

樹齢1200年のダイスギもあるとか。
ダイスギ好きには、溜まらない空間です。
ダイスギ、かっこいい!

その後は、北野天満宮の梅を愛でに
連れて行って貰いましたが、
梅で頭がぼやけ切っていたので、
写真を撮り忘れました!!

梅の素晴らしさを体感した一日。
日本の国花には、春を一番に告げ
楚々とした風情の梅がふさわしい!
と思ったのでありました。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中