カテゴリー別アーカイブ: TRAVEL DIARY

庭旅。庭を求めて旅に出る。旅先で出会った素晴らしい景色や庭の情報を、ほんの少しおすそ分け。

【信州庭旅】蓼科高原・御射鹿池と白駒池。神秘の湖と苔の森

真夏の庭旅。
今年は苔と景色と涼を求め、信州へ!

JR茅野駅でレンタカーを借り、
まずはブルーグリーンの神秘の湖
御射鹿池を目指します。

日本画家 東山魁夷の「緑響く」の
モチーフになった池なんだとか。

碧と湖と空が溶け合う場所。
向こうの世界に魅入る場所です。


いついつまでも魅入っていたい。
茅野駅から車で30分足らず。
蓼科高原、奥が深いです。

次なる目的地に向かう途中、
偶然通りかかったオーベルジュで
ランチを頂きました。
おーべるじゅ 夢夢舎」のワンディッシュランチ。

偶然の出会いにしては
大変レベルの高い内容で
すでにここで、信州を満喫した気分です。

そしていよいよ白駒の池と苔の森。
苔、こけ、そしてコケ、、、

絶対夜中、歩いているものがいるよね、
的、別世界。
人の話し声が途切れると、
鳥の囀りに満たされます。

穴!
だれか住んでいるのでしょうかね?

ゴリラか もののけか。

そして倒木と苔。
もう完全にロマンの世界です。

白駒の池。
苔の森は、この白駒の池の周囲、
のんびり歩いて60分くらいの
周遊路に広がります。

池の中にも苔。
どこにいるか分りますか?

正解はここ!
小さな小さな苔の浮島。
いやいや。思う存分、苔を満喫しました。

 

広告

【京都庭旅】梅をめぐる春の旅

前回の京都庭旅から
一カ月も経っていませんが、
「梅を愛でに京都に行きましょう」と
素敵なお誘いを頂いたので、急遽、京都へ。

城南宮の梅林は、最盛期!
一気におとぎの国です。
http://www.jonangu.com/

梅と椿と苔。
にくい演出です。
素晴らしい色のハーモニー。
その昔、厳しい冬が長く続く京都では、
春を告げる梅の開花を
今か今かと心待ちにしたそうです。
なので、梅は庭の中で印象的に使われているのです。

続いて、京都市内を一気に南から北へ。
しょうざんリゾート京都の名庭に。
http://www.shozan.co.jp/sansaku/index.html

こちらも梅が印象的に使われているお庭でしたが、
何がすごいって、ここはもう、ダイスギです!

樹齢1200年のダイスギもあるとか。
ダイスギ好きには、溜まらない空間です。
ダイスギ、かっこいい!

その後は、北野天満宮の梅を愛でに
連れて行って貰いましたが、
梅で頭がぼやけ切っていたので、
写真を撮り忘れました!!

梅の素晴らしさを体感した一日。
日本の国花には、春を一番に告げ
楚々とした風情の梅がふさわしい!
と思ったのでありました。

 

【京都庭旅】商業施設の庭めぐり

京都で染織を学ぶ友人の、
作品発表会に赴いたついで、
京都の商業施設の庭を見て回りました。

宙に浮く苔島!

ホテルアンテルーム京都の中庭です。
https://hotel-anteroom.com/
庭は、川上俊さんのデザインだそうです。
学生寮をリノベして作られたこのホテルは、
内装もアーティスティック。
色々なアーティストが参加しています。
お値段もお手頃だし、朝ご飯も美味しそうだし、
一度、ぜひ、泊まってみたいです。

つづいて京町家ホテルの四季十楽。
http://shikijuraku.com/
の、秘密の路地。
メタルフェンスの向こう、
覗かずにはいられない。。

覗きました ^ ^
このホテルも色々なアーティストの方が
参加して設計されていますが、
庭は空植物園の西畠清純さんの作品だそうです。

そしてリッツカールトン京都です。
http://www.ritzcarlton-kyoto.jp/
ウェルカムトゥリーは、盆栽!
クロマツが室内仕様でお出迎え。

長いエスカレーターの先には
静寂の空間。

かっこいい!
庭園計画は作庭家の野村勘治さん。

そしてここにも素敵なアイストップ!

クロマツ、やっぱりかっこよいです!

リッツカールトンの近くには、
一度行ってみたかった
Arts & Scienceの店舗が何軒か。

ショーウィンドーには盆栽。
Parisの匂いを感じます。

ちょっとした空間にも盆栽。
店内は写真撮影NGでしたが、
やはり素敵な盆栽がありました。
なんでも、開店記念のお祝いだとか。
開店祝いに盆栽を贈るなど、
やはり奥が深い!京都です。

こちらはホテルウェスティン都ホテル京都。
http://www.miyakohotels.ne.jp/westinkyoto/facilities/garden/garden.html/
夕日やら冬枯れやらで綺麗に撮れませんでしたが、
芝の和モダン庭園です。
都ホテルには、名庭園が二つあるのですが、
奥まっているため、訪れる人は少なく、
静寂が印象的でした。

と、駆け足ですがみっちり見て回り、
友人の発表会会場に着いた時には
疲労で満身創痍。
京都市国際会館の素敵な石オブジェを
眺めながら、しばし息を整えたのでした。

 

 

 

 

 

 

 

東京庭旅 / The Garden Travel in Tokyo

先月末の覚王山夏祭以降、ひっそり夏バテに浸っていましたが、
夏休みは一路、庭を求めて東京へ~。

そして一気に覚醒しました。

IMG_2926

宙に浮かぶシダレ桜@銀座FENDI。東信氏の作品。
本物のシダレ桜の皮を剥いで作ったんだとか。もう、桜のぬいぐるみです!

IMG_2903

西畠清順氏の「ウルトラ植物博覧会」@銀座POLAミュージアム。
西畠氏ならではの、地球の果ての植物が鎮座する中で、ひときわ目を引いたのがこれ!
砂山の上に鉢!
おそらく砂を固めただけであろう台座の上に、重たい鉢が載っています。
崩れないのかな~と、砂をほじってみたい衝動を抑えるのに大変でした。笑

IMG_2920

それにしても、銀座の街路樹は、いつからこんなクリスマスツリー仕様になったんでしょう!
このツリー、でも、西洋コニファーじゃないんです。
この木なにかな?、、、イチイかな??
さっそく、イチイの木でツリー制作の実験、してみることにします。

IMG_2993

暑かったので、ビール飲み飲み、神奈川、千葉へとやってきました。
神奈川県川崎市の「solso farm」で新しい園芸shopの形を堪能した後は、
千葉県稲毛市の「the farm UNIVERSAL」へ!

来てみたかった~!
IMG_3014

360度駆使した見事なレイアウト。
ガーデニングにまつわるあれこれを、見事にエンタテイメントに仕立てています。

IMG_3043

埼玉県大宮市の盆栽町にも脚を伸ばしてきました。
地図を頼りに、贔屓の盆栽園を訪ねます。
10年ぶりの再訪。でもここは、時が止まったような佇まいかな。

IMG_3052

同じく盆栽町の「盆栽美術館」の一角。
建物隅の誰も気づかないような一角が、とても素敵で息をのみました。

「鉄と山」はこの一角の作品のように、手のひらサイズの庭にこだわり、
誰かの生活のささやかな一角になるような、
そんな作品づくりをしていきたい、と改めて思いました。