カテゴリー別アーカイブ: WORKS

「にわリウム」、「盆栽」、「こけにわ」の最新作はこちらから。

三角三つ子 秋 / The triangle triples in autumn

秋の三角三つ子。

鉢は渋く、盛り付けは楽しげに。
山野草と苔の寄せ植えです。

左右の鉢の、にょきっと伸びているのは
ヤブコウジ。
今は青い実が赤く色づくと
いよいよ冬が到来です。

広告

ヒネムと苔と山野草 / Native fairy duster, Moss and Wild grass

真っ赤な房みたいな花が印象的なヒネム。

山苔と山野草で寄せ植えしました。

春から咲くヒネムの花は、
寒くなってもポトリポトリと
線香花火のように咲き続けます。

雪の日、その白と赤と緑の
美しい対比を見るのが楽しみです。

こちらは、ヒネムと苔島。

ヒネムの優しげな葉は
夜は閉じて眠ります。
寒さには弱いので、
冬は室内で鑑賞してください。

 

小さなローズマリー盆栽 / Mini Rosemary Bonsais

ローズマリーのハーブ盆栽 仕立て中です。

あれこれ試行錯誤するうち
際限なく増え続け
すっかりローズマリー研究家の様相に。

ローズマリーは丈夫で花付きもよく
扱いやすいのですが、
期待して強めの負担をかけると
コロっと枯れてしまう等々、
悩ましい面もあります。

ほんの赤ちゃん状態の苗。
ここからスタートです!

いつか飛行船 / The Airship at some future time

地球儀みたいに丸い
丘の景色を作りました。

上から見ても丸い。

後ろから見ても丸い。
木は津山ヒノキとナンテン。
今は小さな小さな木ですが、
数年後、ぐっと張り出して来たら
飛行船みたいになって、
楽しいことになると思います!

丘の中腹、くねくね道に
囲まれたところに
なにかあるの、わかりますか?

洞窟です。
うっかり吸い込まれると
奈落の底に落ちそうな
暗闇と、その先の光。

洞窟の光の正体は、その出口。

洞窟に落ちたら、長い長い滑り台を通り、
この出口に吐き出されるのです。

丘のふもとには、もう一つ、
内部に通じる秘密の入口があります。

今回の器は、「エンゴロ」。
陶器を窯で焼く際、
使用する道具だそうです。
最初からこの形で
私の手元にやってきました。

Before。
今回は丸さと同時に、
高さを出すことに
挑戦しました。

 

オリーブ盆栽 / Olive Bonsai

オリーブ盆栽。


盆栽にまだ馴染が薄方にも
気軽に興味を持ってもらえる
きっかけになれば。
と、毎春、少しずつ作ってます。

オリーブ盆栽に変身する前との
Before and After。
右の苗木を、可能な限り切り詰めて
左の小品盆栽の背丈にします。

でも、木にとっては大事件でしょうから
手術後はとにかく安静に。
2か月療養してやりました。

苗木の形によって千差万別の
スタイルに仕上ります。
この小葉の品種は昔々、
古代ヨーロッパでもオリーブ盆栽として
愛用されていたものなんですって!

 

 

 

 

丘のある景色2 / The Hill Landscape

冬に作った丘のある景色、
緑も花ものびやかに変身しました。

丘の緑がまぶしくなって
気持ちの良い景色になりました。

木の花も負けじと
ぶりぶりピンクの花を咲かせます。

木の下に設けた鉢は、
木に水をやると、水が溜まり
池になります。
水遣りが楽しくなる工夫。

左の石の洞穴は、たぶん
この丘の番人が住みついた場所。

石の階段奥の扉は
どこにつながるのか?

などなど、空想を重ね
楽しんで頂きたいお庭です。

 

 

 

雑木の庭

木陰が気持ち良い
雑木系の庭をいくつか作りました。

コナラの木。
苔で小さな丘を作りました。
苔山でお昼寝したくなりませんか。

ミニミニ雑木系。
左からアメリカフウ、クヌギ
カエデ、モミジ。
これもハイゴケで、
気持ち良さげな丘を作ってやりました。

どんぐり山 / The acorn mountain

山好きな父のために
どんぐりの木で と
注文頂いた父の日の贈り物。

コナラの木を植えこみました。

洞窟の丸い入口を覗きこむと
その先に三角の出口。

後ろ側。
右2枚の板石の間の隙間が
さっきの三角の出口の正体。

三角を覗きこむとその先には
ふかふかの苔。

山の頂上へ上る小道も
ちゃんとあるのですよ。

注文頂いた際に描いたイメージスケッチ。
この作品で「父の日」を祝っていただくお父様、
贈り主の息子さん、そのまたお子さん
みなさんが楽しめる作品になっていれば
よいなあと思います!

ハゼの小山 / A small mountain with wax trees

世界のどこかの景色を
切り取ったような にわリウム。

今回は、ごく小さな鉢に
木、こけ、山野草、石と
最小限の素材だけで表現しました。

ハゼの木とハイゴケ、
姫ギボウシ。
ハゼの木は晩秋、真っ赤に紅葉し
それは見事です。

バリエーションを変えて。
手前の花は、ヒナソウです。

手のひらサイズの小さな景色。
四季も詰まっています。